2018年1月12日金曜日

Microsoft Edge 17074

久しぶりにアップデート情報が更新されました

新しい Microsoft Edge 機能

保存されたパスワードからドメインを除外:サイトごとに保存されたパスワードを無効化できるようになりました。サイトで、パスワード保存プロンプトが表示されたときに、「never」を選択できるようになりました。
InPrivateでパスワードの自動入力:InPrivateウィンドウで閲覧しているときにも保存されたパスワードの自動入力できるようになりました。InPrivateウィンドウの時には、ユーザーログイン情報の保存や更新はされません。
InPrivateでも拡張機能が利用可能:InPrivateでも拡張機能がサポートされます。拡張機能ごとにInPrivateで実行できるかどうかを管理できます。拡張機能の開発者がInPrivateでより多くの機能を利用できるように作業を進めています。
ハブの改善:Microsoft Edgeのハブビューが刷新されました。ハブビューの左にハブセクションと名前がリストされるようになりました。スペースを節約したい場合は、折りたたむこともできます。

EPUB、PDF、リーディング ビューの新しい読書体験:リーディングと本のルック アンド フィールをオーバーホールしました。詳細は Windows Insider Blog をご参照ください。
開発者ツールが縦にドック:開発者ツール ペインが縦にドックできるようになった。将来のプレビュー リリースで、縦ドック時の体験を改善する予定です。

新しいWebプラットフォーム機能

「バリアブル 」フォントファイルにより、ひとつのフォントファイルで複数のファイルのように、ウェイト、幅などの属性を持つことができる。 Axis-Praxis Playground でバリアブル フォントを試すことができます。

Axis-PraxisにあるOpenType Bariable Fontを使ったアニメーションのデモScreen recording of a web page in Microsoft Edge, displaying an animation of a cartoon horse with a rider galloping.
  • 拡張機能のNotification API をサポートを追加
  • HTMLFieldsetElementの要素のサポートを追加
  • アンカー要素のpingをサポート
リンクがクリックされたときに、ページを遷移させるだけでなく、pingに書かれたURL(リスト)にPOSTリクエストをバックグラウンドで飛ばすことができます。
  • Push通知がアクションセンターに配信されるように権限問題を修正